Googleマップを利用してお店や会社を無料でPRしよう

店舗・企業オーナのみなさん「Googleユニバーサル検索(Universal Search)」を利用して、お店や会社を無料でPRしましょう。
Googleユニバーサル検索(Universal Search)は一度の検索で様々な検索結果が複合的に表示される便利なサービスです。一度の検索によりWebページだけでなく地図、画像、動画、関連ニュース、ローカルビジネス情報、店舗情報、商品など様々なコンテンツを複合的に検索結果に表示してくれます。

一般的に「Googleユニバーサル検索(Universal Search)」のような検索サービスのことを「ブレンド検索(Blended Search)」、「統合検索(Unified Search)」などと呼んでいます。
※ユニバーサル検索(Universal Search)はGoogle固有のサービス名称です。
Yahoo!検索、Bing Search(Live Search)でもGoogleユニバーサル検索同様、こうした検索結果に対して複合的に表示する検索サービスを行っています。

ユニバーサル検索のメリット

Googleユニバーサル検索がもたらすメリットは、検索サービスに熟知していないユーザでも探している複合的な情報に簡単にアクセスしやすくなった点が挙げられます。

例えば、渋谷でラーメン店を探して検索しているユーザが「渋谷 ラーメン店」で検索した場合、検索結果が文字だけの店舗名のWeb情報だけでは不足を感じるでしょう。このような場合、テキストWeb情報だけでなくラーメン店の地図情報などを検索結果に複合的に表示してくれるとユーザにとって便利です。

ユニバーサル検索ではユーザが入力した検索キーワードによって検索結果に表示するコンテンツを自動的に判断・決定して、「渋谷 ラーメン店」で検索した場合、渋谷駅周辺の地図と店舗情報の表示など、ユーザが求める「回答」に近いコンテンツが複合的に表示してくれます。

<参考例>
Google検索でキーワード「渋谷区 ラーメン店」で検索した場合、以下のように渋谷駅周辺の地図と、そこに登録されているラーメン店の結果が表示されます。
google-universal-search001

Googleマップへの掲載

さてこのユニバーサル検索(Universal Search)ですが、集客をともなう店舗経営をされている方や企業であれば活用することを検討されてはいかがでしょうか。
試しに「Googleマップ」で、ご自分の店舗名や、自社の企業名を検索してみてください。想定通りの地図が表示されているでしょうか。表示されていないとしたら、それはGoogleマップにお店や会社情報を登録していないからです。

あなたの店舗や会社が検索されたとき、店舗名と地図情報がいっしょに検索結果に表示されたとしたらどうでしょうか。
Googleマップに登録していない店舗情報は表示されないので登録している場合と、していない場合では、PR効果の差は歴然です。今まで店舗のアピールが難しかった小さなお店や、Webサイトを持っていない会社なども、他店、他社と差別化できます。

Googleマップに登録すると、Googleモバイル(携帯電話など)検索にも情報が表示されます。
今後、携帯電話でのGoogleマップ利用者も増えることが予想されるため、PCだけでなく携帯利用者へのPR効果も期待できます。

Google ローカル ビジネス センター(「Googleプレイス」に名称変更)で情報登録!
では、実際にGoogleマップに登録するにはどうすればよいのでしょうか?

Google ローカル ビジネス センター(「Googleプレイス」に名称変更)であなたのお店や企業情報を登録することにより、Google検索の結果に表示されるようになります。ただし、検索条件等によって必ず表示されるという保証はありません。
また、多くのライバル店が同じように情報登録することにより、ユニバーサル検索の結果においても競合が発生してくる可能性があります。やはり、早い者勝ちの様相はありますので、他店より早く情報登録を済ませましょう。

注意! 注意!
「Googleローカルビジネスセンター」や「Googleプレイス」は、「Googleマイビジネス」にアップグレードされています。

「Googleマイビジネス」については、「Googleマイビジネス 簡単 登録方法!」をご覧ください。