Googleプレイス・Googleマップでお店を無料広告

Googleマップでお店や会社を無料で広告できる「Google ローカル ビジネスセンター」が、「Googleプレイス」に名称変更され便利な管理ツールとして生まれ変わりました。
「Googleプレイス」になっても変わらず無料でお店のサービスや住所、営業時間、店舗や取り扱い商品、写真、動画などを登録できます。ここでは「Googleプレイス」をどのように利用すればよいか、利用上の注意点も含めてご紹介します。

「Googleプレイス」に会社やお店情報を登録後、ログインすると、このような管理画面が表示されます。
管理画面では、アクティビティの【表示回数:ローカル検索結果としてビジネス リスティングが表示された回数】、【アクション:ビジネスリスティングにユーザーが関心を示した回数の確認】、検索されたキーワードやキーワード別検索回数の表示、登録した【ビジネス情報】の編集が可能です。

「Googleプレイス」始める前の留意点

  • 現在、Googleプレイスは、特定の国のお店やサービスでのみ利用できます。(日本はサービス対象)
  • Googleプレイスは無料で利用可能です。
  • ビジネスリスティングに登録する住所は実在する必要があります。
  • 登録できるリスティングは、住所1か所につき1件です。
    たとえば、心臓専門医と同時にカイロプラクティック専門医でもある場合や、複数の町を対象にサービスを提供している場合でも、2件のリスティングを登録することはできません。その代わり、お店やサービスまたはカテゴリの説明にお店やサービスが提供するさまざまな業務内容を記載できます。

Googleプレイスのポイントは大きく分けて3つです。

(1) Googleプレイスを利用すると、大企業、中小企業、商店など会社の規模に関係なしに提供する商品やサービスを検索する地域の顧客にアプローチできます。
Webサイトを持っていないお店でもGoogleプレイスに登録することにより、無料で簡単にお店のリスティング広告ができます。(Googleマップにサイトリンクがあると自社サイトへ来てもらえるのでWebサイトはあったほうがよいでしょう)

(2) Googleプレイスでは、1 アカウントで複数のリスティングを管理できます。

(3) Googleプレイスを使用すると、リスティングをいつでも自由に編集することができます。
Googleプレイスでは管理画面でお店の情報が簡単に編集できるので、文字情報だけではなく、写真や動画(YouTube)も利用することにより、季節のキャンペーンやバーゲンなどお店独自の工夫した情報を発信することにより効果的な宣伝がおこなえます。

このように便利なGoogleプレイスですが、利用上の注意点として、Googleプレイスに対してお店やサービスの正確な情報を提供する必要があります。虚偽情報や不正情報などの登録はGoogleの信頼をキズつけることになりGoogleが一番きらうことだからです。

実際、Googleプレイスでは、ガイドラインに違反する個人またはお店やサービスに対して、Googleプレイスや Googleの各種サービスへのアクセスを停止するとしています。

Googleプレイスのガイドラインによると、以下のような点に注意する必要があります。

◆ お店やサービスの名称

  • 実際のお店やサービスと同じ内容の情報を登録して表示されるようにします。Googleマップで表示される名称と実際のお店やサービスの名称が必ず一致していなければなりません。住所や電話番号、ウェブサイトについても同様です。
  • お店やサービスの名称、説明文に関係のないキーワードを追加して、アクセス目的に検索結果を操作しないでください。
  • お店やサービスの名称に、電話番号やURLを含めないでください。

◆ 物理的な場所

  • お店やサービスが実際に存在しない場所に対してリスティングを作成しないでください。
  • 私書箱は物理的な場所とはみなされません。
  • 1つまたは複数のアカウントを使用して、お店やサービスの場所ごとに複数のリスティングを作成しないでください。
  • たとえば、営業範囲が複数の地域にまたがるお店やサービスの場合、サービスを提供する町ごとにリスティングを作成せずに、お店やサービスのメインオフィスに対してリスティングを1 件だけ作成してください。
  • 同様に、法律事務所や医師のように特殊なサービスを提供するビジネスでは、すべての専門分野に対して個別のリスティングを作成しないでください。
  • お店やサービスの住所には、広域の都市名や道路の名前ではなく、具体的な住所を指定する必要があります。
  • 賃貸用の場所はお店やサービスの場所とはみなされません。賃貸業務を行うメインオフィスに対してリスティングを1件だけ作成してください。

◆ URLと電話番号

  • できるだけお店やサービスの場所に直接つながる電話番号を提供してください。たとえば、コール センターではなくお店やサービスの場所の電話番号を提供します。
  • お店やサービスの場所を最もわかりやすく伝えるURLを1件だけ指定してください。
  • 実際のお店やサービスのページとは別のランディング ページにユーザーをリダイレクトするURLや、別の番号に繋がる電話番号を指定しないでください。

以上のようにGoogleプレイスでは、企業規模に関係なく、Webサイトを持っていないお店でも無料で簡単に、お店やサービスをオンライン検索ユーザーに対して、スピーディで信頼性の高い地域情報を提供して顧客獲得へつなげる事が可能なサービスです。ガイドラインに注意して収益アップにつなげられてはいかがでしょうか。

注意! 注意!
「Googleプレイス」は、「Googleマイビジネス」にアップグレードされました。

「Googleマイビジネス」については、「Googleマイビジネス 簡単 登録方法!」をご覧ください。