SEO対策 Yahoo!・Google・Bing検索エンジンへの登録方法

ホームページ(Webサイト)やネットショップを作成したら、必ず「Yahoo!(ヤフー)検索」、「Google(グーグル)検索」、「Bing Search(ビングサーチ)」 「Live Search(ライブサーチ)」 などの検索エンジンにURL(URI)を登録しておきましょう!

Microsoftはインターネット検索サービスの新ブランド「Bing(ビング)」を正式スタートしました。このため検索エンジンが、Live Search(ライブサーチ)から、新しい「Bing Search(ビングサーチ)」へ移行されましたので、URL(URI)登録方法を修正いたしました。

SEO対策は何のためにおこなう必要があるのでしょうか。

簡単にいうと、
「設定したキーワード(売れるキーワード)で検索された結果、検索トップページの1番(上位)にサイト情報が表示され、サイトへ見込み客が多数訪問してくれる」
ことを目的とします。

ホームページ(Webサイト)や、ネットショップを作成しただけでは、誰もサイトに来てくれません。

たとえば、実店舗をオープンした場合、お客さまに来店してもらうために情報誌への広告掲載、新聞のチラシ広告、割引チケットや広告ティシュの配布など、いろいろな来店を喚起する広告宣伝(対策)をおこなうでしょう。

これと同じように、ホームページ(Webサイト)や、ネットショップをオープンした場合、サイトへアクセスを促す対策をおこなう必要があります。

インターネットの場合、Yahoo!(ヤフー)検索、Google(グーグル)検索、 Live Search(ライブサーチ)などの検索エンジンを利用して、Webサイトを検索します。この検索エンジンに検索してもらうためには、ホームページ(Webサイト)を登録しておく必要があります。

検索エンジンには、「ロボット型検索エンジン」と、「ディレクトリ型検索エンジン」があります。

Yahoo!JAPAN(ヤフージャパン)では、Yahoo!検索が「ロボット型検索エンジン」、Yahoo!カテゴリが「ディレクトリ型検索エンジン」になります。

Google(グーグル)では、Google検索が「ロボット型検索エンジン」、Googleディレクトリ(dmoz)が「ディレクトリ型検索エンジン」になります。

ここでは、主に無料で登録できる「ロボット型検索エンジン」についてのお話です。

Yahoo検索や、Google検索などで検索すると表示画面の、上下部分やサイド部分にリスティング広告(検索連動型広告)が表示されます。その下部や、横にリスティング広告ではないサイトの自然検索結果が表示されます。
この検索結果の上位表示を狙うために、SEO対策をおこなうわけです。

※リスティング広告(検索連動型広告)とは、Yahoo! JAPAN(ヤフージャパン)やExcite(エキサイト)で検索すると表示される、Overture(オーバーチュア)の「スポンサードサーチ」や、Google(グーグル)で検索で表示される「アドワーズ」など、検索キーワードと関連する広告を自動的に表示する広告システムです。
リスティング広告の表示順位は、検索キーワードの入札価格と品質のスコアなど設定内容により設定管理されています。

自然検索結果は、検索エンジンのアルゴリズム(検索エンジンの評価)プログラムで決められており、リスティング広告(検索連動型広告)のようにお金(広告費)を使って上位表示するなどのコントロールはできません。
手っ取り早く検索結果の上位表示を狙うのであれば、お金(広告費)が必要ということです。

有料広告サービスは、うまく運用すれば即効効果がある特効薬のようなものですが、間違った処方(キーワード設定等)をすると期待した効果を得られないリスクもあります。
有料広告を利用する場合、費用対効果を考えた効率的な広告管理をおこなう必要があります。
有料広告を利用するかどうかは、あなたのサイト運営方針により決めればよいでしょう。

リスティング広告など各種有料サービスを利用するにしても、SEO対策は必ずおこなう必要があります。
うまくSEO対策できれば無料で検索結果の上位を得られるメリットがあります。
SEO対策に即効性はありませんが、間違った方法でなければ効果はでてきます。長期的スパンで、諦めずに地味地におこないましょう。


「ロボット型検索エンジン」の仕組みを知っておこう

クローラー
検索エンジンに見つけてもらう(クロールされる)
検索エンジンは「クローラー」と呼ばれるプログラムで、インターネット上をWebページのリンクタグ <a> をたどってWebサイトをクロールしています。

インデックス
検索エンジンに情報を登録してもらう(インデックスされる)
検索エンジンは新しいWebページを見つけるとページ情報に関するキーワードと共にをデータベースに登録(インデックス)します。

クエリプロセス
検索エンジンに評価してもらう(アルゴリズム)
検索エンジンは、あるキーワードで検索された場合(クエリ命令を受ける)、インデックスされたデータから検索エンジンのアルゴリズムにより最適な検索結果を返します。

このようにYahoo検索や、Google検索で検索した結果、サイト情報を表示してもらうには、検索エンジンのデータベースにインデックスされる必要があり、検索結果の上位に表示してもらうためにはWebコンテンツの内容等を検討する必要があります。

「ロボット型検索エンジン」へURLを登録(予約)しておこう

検索エンジンへのURL登録する目的とは、
「あなたのお店(URL)を電話帳(検索エンジン)に無料で掲載(インデックス)してもらうために、調査員(クローラー)に調査にきてもらう予約をすることです。」

登録作業は簡単、URLを入力して登録ボタンをクリックするだけです。(登録無料)
URLを登録しておくと、検索エンジンのクローラーがクロール(探し)してくれます。

◆ Google検索へURL登録
1、下記の、Google検索の登録リンクをクリックしてください。
http://www.google.co.jp/addurl/

2、Google検索、登録ウィンドウがご利用のブラウザで表示されます。
google-search01

3、登録する、URLを入力ボックスに半角文字で入力します。URLの最後には / 付けます。

入力例: http://www.tafcue.com/

【URLを追加】ボタンの上に表示されている、認証用の数字(半角)を入力ボックスに入力します。
※認証用の数字が、読み取りにくい場合は、ブラウザの更新を実行します。
入力内容に間違いがないか確認のうえ、【URLを追加】ボタンをクリックします。
google-search02

4、URLが追加されると、下記のご案内画面が表示されます。
画面が表示されない場合や、エラー画面が表示される場合は再度、入力画面を開いて最初から登録操作を行ってください。(入力ミスがないか、確認してください)
google-search03

◆ Yahoo!検索へURL登録
1、Yahoo!検索へ登録する場合、Yahoo! JAPANの IDが必要です。IDをお持ちでない方は、新規にIDを登録してください。

http://www.yahoo.co.jp/

IDをお持ちの方は、Yahoo! JAPANへ(ID、パスワードを入力)ログインしてください。

yahoo-search00

2、Yahoo! JAPANへログイン状態で、下記の、Yahoo!検索の登録リンクをクリックしてください。
http://submit.search.yahoo.co.jp/add/request

3、Yahoo!検索、登録ウィンドウがご利用のブラウザで表示されます。
yahoo-search01

4、登録する、URLを入力ボックスに半角文字で入力します。URLの最後には / 付けます。
入力例: http://www.tafcue.com/
入力内容に間違いがないか確認のうえ、【送信】ボタンをクリックします。
yahoo-search02

5、URLが追加されると、下記のご案内画面が表示されます。
画面が表示されない場合や、エラー画面が表示される場合は再度、入力画面を開いて最初から登録操作を行ってください。(入力ミスがないか、確認してください)
yahoo-search03

◆ Bing Search Live Search 検索へURL登録

Microsoftはインターネット検索サービスの新ブランド「Bing(ビング)」を正式スタートしました。このため検索エンジンが、Live Search(ライブサーチ)から、新しい「Bing Search(ビングサーチ)」へ移行されましたので、URL(URI)登録方法を修正いたしました。

1、下記の、Bing Search検索の登録リンクをクリックしてください。
http://www.bing.com/docs/submit.aspx

2、Bing Search検索、登録ウィンドウがご利用のブラウザで表示されます。
bing-search01

3、【文字】入力ボックスの上に表示されている、認証用の英数字(半角)を入力ボックスに入力します。
※認証用の英数字が、読み取りにくい場合は、ブラウザの更新を実行します。
登録する、URLを【URL】入力ボックスに半角文字で入力します。URLの最後には / 付けます。
入力例: http://www.tafcue.com/
入力内容に間違いがないか確認のうえ、【URLの登録】ボタンをクリックします。
bing-search02

4、URLが登録されると、下記の案内画面が表示されます。
画面が表示されない場合や、エラー画面が表示される場合は再度、入力画面を開いて最初から登録操作を行ってください。(入力ミスがないか、確認してください)
続けて、別のURLを登録する場合は「別のURLを登録する」ボタンをクリックして、1、~ の操作を繰り返してください。
bing-search03

以上で、登録は終わりです。
検索エンジンのクローラーにクロールされやすくするためには、自サイトのサイトマップページや、サイトマップファイル(XML)を作成しておくのも効果的な方法です。